おとなの映画感想文。〜泣ける映画編〜 | 「ひと」と「ひと」の間を考える。『rooftop』〜コミュニケーションとコミュニティ〜

2016/04/19

おとなの映画感想文。〜泣ける映画編〜

[オススメ]

映画フィルム

僕はあまり感情を表に出せない。「辛い」とか「嫌だ」といった負の感情は特にそうだ。

辛い出来事がないわけではない。辛い出来事に出会ったとしても、負の感情を無意識的に感じないようにしているのだと思う。感情を表に出せないのは苦しいから、感じることすら避けているような気もする。

でも、負の感情は僕の中に存在している。

映画は、自分の気持ちを代弁してくれることがある。

共感してしまう台詞や、見入ってしまう情景は、自分の気持ちと強く繋がっていると思う。

自分の気持ちが、台詞や情景として吐き出されたとき、涙が流れることがある。一種のカタルシス効果と言えるかもしれない。

今日は、僕のそんな経験と映画の断片を思い出してみる。

ショーシャンクの空に

無実の罪でショーシャンク刑務所に収監された主人公が、それでも希望を失わずに生きていく姿が描かれる。

刑務所の中での友情と別れを経て、最後の再会のシーンが泣ける。特に言葉のない情景がとても良い。

ストーリーではなく、言葉のない表現ということ自体に、僕は感動しているのかもしれない。

いぬのえいが

この映画は、犬と人の触れ合いをテーマとしたオムニバス映画で、11本の短編で構成されている。

その中の一つ「ねぇ、マリモ」では、少ない言葉で人の気持ちと犬の気持ちを表している。

子犬のマリモと共に成長していく少女が、犬と暮らす楽しさと悲しさ、マリモへの想いを語る。

それに対するマリモからのお返事が泣ける。普段はわかりにくい犬の気持ちを、人の気持ちと同等に、違和感なく、柔らかく表現している。

お互いの想いが伝わる。見ていて嬉しい気持ちになれる。

魔女の宅急便

子供の頃から何度も見ているが、最近、もう一度見てみた。

僕は、一旦その作品の世界観に入り込んでしまうと、涙が止まらなくなることがある。

世界観に泣かされているような感じだ。世界観に浸って安心することができれば、気持ちが溢れ出すのかもしれない。

嬉しいとか悲しいとか、そのあたりはあまり明確ではない。どう感じているのかは、正直、よくわからない。ごちゃ混ぜな感じでもある。

見終わった後は、全てを出し切った感じがする。

モンスターズ・ユニバーシティ

この映画の前作「モンスターズ・インク」も安心の世界観に浸って泣けた。

この映画では、前作から過去に遡り、主人公マイクとサリーの大学時代が描かれている。

自分の弱さについて、否定したり肯定したりしながら、悩んで打開していくマイクに共感する。

新たな視点を得て、視界が広がったときの爽快感が心地いい。

僕が封印している劣等感を解放してくれて、さらに、別の捉え方も示してくれるという、芯があって、しなやかな作品だと思う。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます☆

良い音楽を繰り返し聴くように、心地いい映画は繰り返し見ます。

ブログの感想・お問合わせはこちら。