グラデーション的に考えてみる。 | 「ひと」と「ひと」の間を考える。『rooftop』〜コミュニケーションとコミュニティ〜

2016/05/22

グラデーション的に考えてみる。

[日々の想い]

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ロマンチックな話ではなくて、

「虹は本当に七色だっけ?」と考えてみる。

赤、橙、黄、緑、青、藍、紫?

確かに七色ともいえそうだ。

でも、赤と橙の間にも、緑と青の間にも、色がある。

その色のすぐ横にも、色がある。

その色とこの色の間にも、色がある。

赤の外側にも、見えないけど、色がある。

グラデーション的に無数の色があって、どうやら色の境界は曖昧らしい。

もしかしたら、だから虹は綺麗に見えるのかも知れないね。

 

映画について、

それがアクションなのか、ホラーなのか、

コメディなのか、ラブストーリーなのか、

特に決める必要はないような気がする。

人や動物やキャラクターたちが出てきて、なんやかんやするお話、ということで良い気がする。

ラブストーリーと思って見ると面白いホラー映画とか、

コメディと思って見ると傑作だと感じるアクション映画とか、

あった気がする。

 

学校の屋上は気持ち良いなと感じたりする。

そこは、教室ではないし、職員室でもないし、音楽室でもない。

特に何でもない。

「何かをしなさい」とも言われないし、「何をしてもいいよ」とも言われない。

ただそこにあるだけ。

屋上が気持ち良いのは、空が見えるからとか、

きっとそういう理由だけじゃないと思う。

 

人はみんな、きっと、優しくて、強くて、弱くて、

ちょっとずるくて、ちょっと意地悪で、ちょっとかっこいい。

大体そんな感じじゃないかな。

だから面倒くさいんだけどね。

効率的でもないね。

でも、たぶん、だから人を好きになれる気がする。

 

なぜか、白黒つけたり、枠にはめ込みたくなるときがあるらしい。

虹は七色と言いたかったり、

映画をジャンル分けしたり、

屋上を立ち入り禁止にしてしまったり、

優しい人とくくってしまったり。

その方が便利だったり、楽だったり、色んな理由がありそうだ。

僕たちがそれを求めているときも、あるかもしれない。

でも、ときどきグラデーション的に考えてみる。

そうすると、僕はとてもワクワクするのです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます☆

枠をつくろうとする自分もいる。という葛藤。

ブログの感想・お問合わせはこちら。