僕の中のオトナとコドモとオトコとオンナ。 | 「ひと」と「ひと」の間を考える。『rooftop』〜コミュニケーションとコミュニティ〜

2016/07/27

僕の中のオトナとコドモとオトコとオンナ。

[日々の想い]

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「オトナの対応ですね」とか、「オトナの考え方ですね」とか、言われることがたまにある。

相手を傷つけないような配慮のある行動であるとか、自分の欲求を適度に抑えるような思考を、「オトナ」と捉えてくれているのだと思う。

「オトナ」の定義はおいておくとして、そのような一面は僕の中に確かにある。

一方で、「意外とコドモだね」と言われることもある。

相手に合わせつつも、自分のやりたいことしかやらないし、やらないと決めていることはやらない、そんなワガママさを見抜いてくれているのだと思う。

これも確かにその通りで、「コドモ」の僕も、僕の中にいる。

さて、次は流れ的に「オトコ」が出てきそうだなと思われるかもしれないけれど、その通りである。

僕は、自分は「オトコ」らしい人間だ、とは思っていない。

昔から痩せていて、肉体的に劣等感を感じていたし、筋トレをしたりプロテインを飲んだりしてみても、一向に太らず筋肉もつかなかった。

そういうわけで、「オトコ」らしい人を羨ましく思ったりもしていたけれど、最近になって、「その決断力はオトコらしいね」とか、「勇気のある行動だね」とか、言われるようにもなった。

ここでも「オトコ」の定義はおいておくけれど、「オトコ」らしい一面も僕の中にあるようだ。

最後に「オンナ」について考えてみると、これは疑いようもなく、僕の中にあるなと感じる。

「オトコ」らしさがないと感じていた僕は、「オンナ」らしさによって色々な部分を補ってきたのかもしれない。

さて、ここでは、「オトナ」とは何か、「オトコ」とは何かを定義するつもりは全くない。

僕たちの中には、「オトナ」や「コドモ」や「オトコ」や「オンナ」がいて、「オヤ」や「オジイチャン」や「オバアチャン」という一面もあり、それらが補い合い、助け合っているのではないか、ということが書きたかったのだ。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます☆

「センセイ」や「セイト」という部分もあるね。

ブログの感想・お問合わせはこちら。