あいつがいなきゃ。 | 「ひと」と「ひと」の間を考える。『rooftop』〜コミュニケーションとコミュニティ〜

2016/08/19

あいつがいなきゃ。

[日々の想い]

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

僕が大好きな糸井さんは、「なぜだかわからないけれど「あいつを呼ぼうぜ」と言われる人がいいと思っている」とよく言っている。

この言葉には僕も強く共感していて、そんな人になりたいなと思うし、自分の周りにそんな人はいるかなと探してみたりもする。

何人か顔が思い浮かぶ。

色々な集まりや飲み会に大体呼ばれている、という人がいるし、確かに僕もその人を呼びたくなる。

「あいつを呼ぼうぜ」というタイプとは少し違うけれど、「あいつがいなきゃ」という人もいる。

グループの中で欠かせない存在、というような人だ。

リーダーシップを発揮するとか、ムードメーカーであるとか、計画や段取りがうまいとか、そういった存在とは少し違う気がする。

もっと根本的な、みんなの気持ちの「よりどころ」のような存在、ということかもしれない。

計画や段取りなどがなくても、その人についていったら面白いだろうとみんなが感じているし、実際に面白かったりする。

その人が声をあげたわけではなくても、みんながいつの間にかその人の行動を真似ていたりする。

「あいつがいなきゃ」という人も、「あいつを呼ぼうぜ」という人と同様に、僕の理想ではあるけれど、たどり着くのは相当難しい気がしている。

できることをコツコツと、できないことも少しずつ、やっていくしかないね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます☆

「あいつがいなきゃ」は、僕の理想のリーダー像でもある。

ブログの感想・お問合わせはこちら。