ブログって、いつ頃から流行り出したんだっけ。 | 「ひと」と「ひと」の間を考える。『rooftop』〜コミュニケーションとコミュニティ〜

2016/09/12

ブログって、いつ頃から流行り出したんだっけ。

[日々の想い]

%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99

今でこそ、多くの人がブログを書いているし、ブロガーなんて人もいるけれど、ブログって、いつ頃から流行り出したんだっけ。

検索して調べてみると、2002年頃から急速に普及していったらしい。

確かに、その頃、大学生だった僕も、周りのみんながブログを始めたのにのっかって、始めてみたのを覚えています。

今、昔のブログを読み返してみても大したことは書いていないけれど、映画や本の感想などをアップしていました。

そして、やはりコメントが来ると嬉しかったので、小まめにチェックしたりしていました。

といっても、いつも会う友人たちからのコメントが主なので、別にブログ上でやりとりをしなくても良いのだけれど、旬のものに乗り遅れるわけにはいかない、という想いのもと、コメントを投げ合っていました。

普段は話さない人とコミュニケーションできたり、普段は話さない内容を共有できたことは良かったな、と思います。

また、あの頃、ブログを始めていなかったら、今、ブログを書いていないかもしれません。

それにしても書き続けるのは難しいもので、毎日書いている人なんかは本当にすごいな、と思ったりもします。

僕は、書きたいことはたくさんあるけれど、完璧に書きたい、という想いが強すぎるのだと思います。

その辺りは昔から変わっていない気がします。

昔のブログを読み返す機会があったので、そんなことを思い出して書いてみました。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます☆

「バトン」みたいなのも流行ってたなぁ。

ブログの感想・お問合わせはこちら。