「かいしゃ」ってなんだろう。 | 「ひと」と「ひと」の間を考える。『rooftop』〜コミュニケーションとコミュニティ〜

2016/09/30

「かいしゃ」ってなんだろう。

[日々の想い]

maxresdefault

「かいしゃ」ってなんだろう。

「かいしゃ」をイメージしようとすると、四角い建物が思い浮かぶかもしれないし、机が並んでいる様子が思い浮かぶかもしれない。

何かをつくるような工場や、何かを売るようなお店を想像することもあるかもしれない。

イメージするものはいろいろある。

僕は、「かいしゃ」とは「ひと」ではないか、と思っている。

四角い建物や、机や椅子が存在していたとしても、「ひと」がいなければ何も始まらない。

逆に、四角い建物が存在しないとしても、「ひと」がいるならば、「かいしゃ」は存在しているのではないだろうか。

こんなことを会社に勤めていたときに考えていた。

最近、シェアハウスを企画している中で、それをふと思い出した。

シェアハウスもそれと似ているな、と思ったのだ。

「いえ」が存在していても、「ひと」がいなければ意味がない。

逆に、「ひと」がいるならば、「いえ」的なものは存在するのではないか、などと考えたりした。

少し概念的すぎるなと自分でも思うけれど、感覚的には間違っていないように思う。

そして、「かぞく」や「ともだち」などについても、同じようなことがいえるのではないかと思う。

とはいえ、それらを入れる「はこ」的なものも、とても大切なんだけれどね。

そればかりにとらわれすぎてもダメだな、と思ったのであります。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます☆

「はこ」と「中身」の両面から。

ブログの感想・お問合わせはこちら。