ゆめだけど、ゆめじゃなかった。 | 「ひと」と「ひと」の間を考える。『rooftop』〜コミュニケーションとコミュニティ〜

2016/11/05

ゆめだけど、ゆめじゃなかった。

[日々の想い]

144826307_624

『となりのトトロ』はやっぱりすごいなぁと思う。

サツキとメイがトトロと出会う場面はとても印象に残る。

まず最初に、妹のメイがトトロと出会う。

家の庭で遊んでいたメイが小さなトトロを発見し、逃げるトトロを追いかけて行ったら木の穴に落ちて、大きなトトロと出会うことになる。

昼寝をしている大きなトトロに「あなたはだれ?」と聞くと、なにやら寝言のような返事が返ってくるけれど、ことばとしては聞き取れない。

でも、メイは「あなたトトロね!」と嬉しそうに答える。

きっと、メイは「わかった」のだ。

メイからトトロの話を聞いたサツキは、自分も会いたいと思うけれど、出会いはもう少し後になる。

ある日、お父さんの帰りが遅く、雨も降ってきたので、傘を持って二人でバス停まで迎えに行くことになる。

サツキが傘をさしながら、待ちくたびれて眠くなったメイをおんぶして待っていると、なにやら隣に気配を感じるのである。

まず、傘の下の方に大きな足が見える。ここはサツキの目線から描かれている。

サツキが恐る恐る顔を上げてみると、「へんないきもの」が立っている。どうやらバスを待っているようだ。

ここでサツキも、この「へんないきもの」がトトロなのだと「わかる」のだ。

サツキはトトロに傘を貸してあげる。

次のカットでは、サツキとトトロが正面を向いて、傘をさしながら並んで立っているのが描かれ、とても印象的な場面となっている。

しばらくするとネコバスが登場し、トトロはそれに乗って行ってしまうのだけれど、傘のお礼に小さな包みをくれる。

家に返って包みを開けてみると、中には木の実が入っていて、サツキとメイはそれを庭に埋めることにする。

なかなか芽が出ないなぁと嘆いていると、ある夜、庭にトトロがやってくる。

トトロは、芽が出るようにおまじないのようなことをしている。

目を覚ました二人もトトロと一緒におまじないをする。

すると、一つ二つと芽が出て、さらにおまじないを続けると、芽はどんどん成長し、家よりも大きな木になる。

その後、しばらくトトロと空中散歩を楽しむのだけれど、気が付くと朝になっている。

目を覚ました二人は、庭の大きな木がなくなっていることにがっかりするけれど、小さな芽が出ていることを発見し大喜びする。

そこでこのセリフが登場する。

「ゆめだけど、ゆめじゃなかった。」

トトロがいることも、トトロだとわかることも、ゆめと現実が曖昧なことも、二人にとってはきっと「ふつう」のことなのだ。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます☆

「へんないきもの」はいる、と僕は思う。

ブログの感想・お問合わせはこちら。