構成とか、仕組みとか、仕掛けとか。 | 「ひと」と「ひと」の間を考える。『rooftop』〜コミュニケーションとコミュニティ〜

2016/12/23

構成とか、仕組みとか、仕掛けとか。

[日々の想い]

4c7df2549ffc9b2e833e502604b37498_s

構成とか、仕組みとか、仕掛けといったものに興味がある。

スイッチを押すとボールが転がって、ブロックに当たってそれが倒れ、倒れたところに別のスイッチがあって、というドミノ倒し的なこと。

物語の中に伏線が張り巡らされていて、ラストにそれらの伏線が回収されるような流れ。

明確な役割分担がありつつも、臨機応変に流動的に役割を入れ替えられるような人の集まり方。

物事を見るとき、いつも、そういった部分に注目してしまう。

そして、自分でも、構成とか、仕組みとか、仕掛けをつくっていきたいと思っている。

これらをつくるときには、自分の中に目標やゴールみたいなものがある。

ドミノ倒しの最終地点のようなものだ。

狙った通りに倒れていって、最終地点までたどり着くのはとても気持ちいい。

さらに気持ちいいのは、自分の狙いを超えたことが起こったときだ。

自分のつくったルールや枠組みを崩壊させることなく、でも、そのルールや枠組みを広げてくれるような出来事。

新しい仕組みが生まれるような出来事。

そんな出来事が起こることも期待している。

初めからそれを狙ってしまうと、自分の狙いになってしまうのだけれど、予想外なことが起こりそうな余白も残しておくこと。

そんなふうに色々なことをつくっていきたいと思う。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます☆

覚悟をもって、予想外を楽しむ。

ブログの感想・お問合わせはこちら。