僕は怒りに満ちあふれている。 | 「ひと」と「ひと」の間を考える。『rooftop』〜コミュニケーションとコミュニティ〜

2017/01/09

僕は怒りに満ちあふれている。

[日々の想い]

67e3f4f5266d78ecc5e8cd341f7f2622_s

昨年末に、怒りが僕の原動力になっている、というような文章を書いた。

これも最近になって気が付いたことだが、僕の中には怒りが満ちあふれている。

なぜ僕だけがこんなに苦しまなければいけないのだろう、なぜ僕をこんなに苦しめるのだ、という怒りである。

何に対して怒りを感じているかというと、社会のすべてに対して、である。

すべての人、すべてのルール、すべての出来事である。

なぜ僕から奪うのか、なぜ僕を縛り付けるのか、なぜ僕を困らせるのか。

本当は、苦しむ立場を選んでいるのは自分だ。苦しまない立場を選ぶこともできる。

奪われるのは、自分が戦わないからだ。戦って奪われないように守ることも選べる。

ルールに従わないという道もある。従わなくても良いルールだってたくさんあるはずだ。

すべて自分が選んだ生き方だ。

だから、怒りを誰かにぶつけるなんてことは許されない、と思い込んで、普段は無意識に感情を抑えて生きている。

周囲からは穏やかな人だと思われることが多い。

僕自身も、自分の感情に気付いていないので、穏やかな人なのだろうと思っていた。

でも、どうやら違うらしい。

僕の行動の原点は、この怒りを社会にぶつけること。

つまり、誤解を恐れずに言ってしまえば、社会に対する「ふくしゅう」なのだと思う。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます☆

一応、ポジティブな気持ちで書いているのだけれど、伝わるだろうか。

ブログの感想・お問合わせはこちら。