8月、こころに残ったものもの。 | 「ひと」と「ひと」の間を考える。『rooftop』〜コミュニケーションとコミュニティ〜

2017/09/03

8月、こころに残ったものもの。

[日々の想い]

5CCFF6D5-34D6-4FF3-95C4-5C5F5BDDA255

8月は、千葉県富津市のともだちの家で1泊2日の農業体験をさせて頂きました。非日常的な場と体験が楽しくて、今年で3年目。

今回は、収穫や土寄せ、農地運用についての青空ディスカッションなど、充実の2日間。ローラー滑り台を作りたいとか、おばあちゃんち体験が楽しいとか、納屋をリノベーションしようとか、色々なアイデアを話し合ってみました。

5CCFF6D5-34D6-4FF3-95C4-5C5F5BDDA255

8月、こころに残ったものもの。

『あなたの話はなぜ「通じない」のか』/山田ズーニー

C00F5CFA-E167-478C-9D3A-56D0377BD2E1

正しくて論理的な話でも伝わらないことはある。コミュニケーションは関係性の上に成り立っているのだ。会話や関係について考え直させてくれる一冊。

『白』/原研哉

CF564875-7A34-4163-85F4-668211F469C7

幅広いデザイン活動を展開している原研哉氏。この著書では、僕たちの生活空間やコミュニケーションに潜んでいる「白」や「空白」について考察し、その美しさを教えてくれます。

『聞く力』/阿川佐和子

7FCDB793-8318-4A4F-A748-3F60F534B4DB

老若男女を相手に多くの対談をしてきた阿川さんが「聞く」の極意を伝授してくれます。‬安易なテクニックだけに頼らず、「聞く」の難しさを受け入れながら模索するスタイルは、日常生活でも役立つはず。

『シュナの旅』/宮崎駿

0AB6CAA4-BB3E-44FB-91AE-354CC10C54CF

作物が育たない貧しい国の王子シュナが「金色の種」を求めて旅に出る物語。淡い絵と短い文章で、淡々と進行していきます。

『もういちど生まれる』/朝井リョウ

53F1562B-900C-4688-873F-4419C03EC71B

「生まれ変わる」ではない、このタイトルが絶妙。怒りや悲しみ、コンプレックスさえもいわばモチベーション。

『言いまつがい』/糸井重里

84B8128D-5506-47E2-BA16-D7559662CBA3

それは「間違い」じゃない。「まつがい」なのです。そのくらい寛容に、ユーモアをもって生きたいものです。

『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』/若林正恭

80D9C237-E863-440E-AA49-50937F25442C

オードリーの若林のキューバ旅行記。日本とは全く違う環境の中で、改めて自国や自身を眺めて気付いた事実や感情がおもしろい。強く共感しながら一気に読んだ。

『空中庭園』/角田光代

30468134-DE61-4071-8B9C-6FE9BB91F8B4

「何ごともつつみかくさず」がモットーの京橋家。‬でも実際はみんな秘密だらけ。‬普通っぽく見えて崩壊しそうな関係を、家族それぞれの視点から描く。‬かわいい表紙で闇多め。‬

『団地再生計画/みかんぐみのリノベーションカタログ』/みかんぐみ

65782343-A527-46E3-8DE6-0089261F97C8

遊び心のあるものから、現実的なものまで、色々な団地再生のアイデアを紹介してくれる本です。今あるものをどう活かすか。建物もまちも人も、これについて考えたい。

家族の風景/ハナレグミ

「キッチンにはハイライトとウイスキーグラス どこにでもあるような家族の風景」

若者のすべて/フジファブリック

「夕方5時のチャイムが 今日はなんだか胸に響いて

「運命」なんて便利なもので ぼんやりさせて」

優しい歌/Mr.Children

「誰かが救いの手を 君に差し出している

だけど今はそれに 気付けずにいるんだろう」

本屋『クラシコ書店』

IMG_0349

「暮らし+古書」でクラシコ書店。暮らしに彩りを与えてくれる本や文具雑貨を取り扱っています。路地裏にひっそりと佇む古本屋さんです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます☆

9月もよろしくお願いします。

ブログの感想・お問合わせはこちら。