シェアハウスの一冊『バイバイ、ブラックバード』伊坂幸太郎

2016/09/10

シェアハウスの一冊『バイバイ、ブラックバード』伊坂幸太郎

[ シェアハウスの本たち ]

2016/08/20
【今日の一冊】
『バイバイ、ブラックバード』。
再読。
映像化したら面白そう。

主人公の星野くんは、五股している。

本人によると、浮気とは違う。らしい。

どの女性が一番大切かわかっていないのだから浮気よりも悪質だ、と本人は考えている。

星野くんとしては、好きでこんな状態になっているのではなく、親しくなりたいと思う女性と一緒にいたら自然とこうなっていた、ということらしい。

さらに、星野くんは借金まみれであり、二週間後には「あのバス」に乗せられ、どこかへ連れて行かれてしまう。

星野くんは、「あのバス」に乗る前に、交際している五人の女性たちにちゃんと別れを告げたい、と懇願し、それはなぜか簡単に承諾してもらえるのだけれど、順番に女性たちに会いに行くことになる。

星野くんが逃げ出さないように、毒舌かつ超巨体の女性、繭美が監視しつつ同行し、別れの行脚がスタートする。

別れ話の中で、それぞれの女性との不思議な出会いや思い出が語られたり、新しい事実が判明したりする。

当然文句を言ってくる女性もいるし、案外あっさりと別れを受け入れる女性もいる。

繭美は、そんなゴタゴタを見るのが大好きで、面白がって笑っていたり、さらにゴタゴタさせようと色々な介入をしたりする。

ただ、単純な悪役としては描かれておらず、確かにその通り、と思ってしまう発言も多い。

星野くんはそれぞれの別れ話の中で、たいてい一つはわがままを言う。そして、繭美は当然文句を言うけれど、結局はわがままを許してくれる。

そのあたりが、星野くんの不思議な魅力の一つとして描かれていると思う。

別れが辛いのも、「あのバス」でどこかへ連れて行かれてしまうのも、自業自得と言えるけれど、星野くんはなぜだか憎めないし、むしろ惹かれてしまう存在なのだ。

だから、僕も、「くん」を付けて呼んでいる。

そんな不思議な魅力によって最後に起こる出来事。

そのラストの三行がかっこいい。

***

ちなみに、この小説は、太宰治の未完の小説『グッド・バイ』へのオマージュ作品となっている。

当初は、その続きとして書かれる予定だったけれど、『グッド・バイ』の設定だけを踏まえた上で、まったく新しい物語をつくることになったらしい。

『「バイバイ、ブラックバード」をより楽しむために』には、この小説が生まれるまでの話や、太宰治の『グッド・バイ』も収録あり。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます☆