シェアハウスの一冊『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』村上春樹

2016/09/13

シェアハウスの一冊『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』村上春樹

[ シェアハウスの本たち ]

img_2003

大学生の頃に、読書好きの先輩にオススメしてもらった作品です。

色々なところで書いていますが、その頃の僕は、そこまで読書好きではありませんでした。

村上春樹の本を読むのはそのときが初めてでしたし、その少し前まで、村上春樹は女性だと思っていたほどです。

さて、肝心の内容については、「世界の終り」と「ハードボイルド・ワンダーランド」という二つの物語が並走しながら少しずつ重なっていく、という僕が好きなタイプの構成でした。

正直なところ、細かい展開はあまり覚えていませんが、これを読んだことで、僕の本の世界が広がっていったことは確かです。

この本を読んだ頃は、ちょうどブログが流行り出した頃で、僕も本の感想などをアップしたり、友人たちとコメントをやりとりしていました。

当時のブログを読み返してみると、本の他には、ボーリングや音楽、そして、ブログを書くこと自体にはまっていたようです。

この本は、その頃の思い出と強くつながっているように感じられます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます☆