シェアハウスの一冊『夢で会いましょう』村上春樹・糸井重里

2016/10/25

シェアハウスの一冊『夢で会いましょう』村上春樹・糸井重里

[ シェアハウスの本たち ]

img_2082

この本は、村上春樹と糸井重里の二人によって書かれたものですが、対談集ではありません。

小説でもエッセイでもありません。

「では何か?」と聞かれると、本人たちにもよくわからない、らしい。

本を開くと、カタカナのことばが並んでいて、それぞれのことばに、二人のどちらかが書いた短い文章がくっつけられています。

そもそも、なぜカタカナのことばなのか、ということから本人たちにもわからない、らしい。

そんな不思議な成り行きによってできた不思議な本です。

でも、これを書いている二人はとても楽しそうだな、と思います。

つくり方が面白くて、こういう本、僕は好きです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます☆