シェアハウスの一冊『GIANT KILLING』ツジトモ

2016/10/11

シェアハウスの一冊『GIANT KILLING』ツジトモ

[ シェアハウスの本たち ]

img_2056

サッカー監督、達海猛、35歳。

弱小サッカーチーム「ETU(イースト・トーキョー・ユナイテッド)」の監督に就任し、次々と強いチームを倒していく(=ジャイアント・キリング)。

サッカー監督が主人公というのは珍しいけれど、特殊能力的なものは出てこない、フツーのサッカーが描かれます。

超スーパープレーヤーみたいな選手もおらず、フツーの選手たち。

そんなフツーの選手たちをどう活躍させていくのか。

フツーじゃない戦略。

フツーじゃないフォーメーション。

フツーじゃない視点。

フラフラしているように見えて、周りをイライラさせるけれど、理にかなったことを言うし、結果も出す。

何より、弱いものが強いものを倒す、というのは気持ちいい。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます☆