本屋・ブックカフェを巡ろう【下北沢編】

2017/12/01

本屋・ブックカフェを巡ろう【下北沢編】

[ 本屋・ブックカフェ巡り ]

img_1949

個性的な本屋・ブックカフェ巡り(下北沢編)です。下北沢で魅力的な本屋・古本屋を巡りたい、読書に最適なブックカフェ・喫茶店を見つけたい、というときは参考にしてみてください。

下北沢はライブハウスや劇場が多く、サブカル的なエネルギーに満ち溢れたまちです。若者が多くにぎやかな雰囲気もありますが、細い道や小さなお店が連続しており、隠れ家的な場所を探すような楽しさもあります。

また、個性的な本屋さんやブックカフェも点在していて、まち全体が本棚のような印象があります。本屋やブックカフェという「枠」にはおさまりきらないようなお店も多いので、予想外の魅力的な出来事にも出会えるかもしれません。

下北沢0612

下北沢の本屋・古本屋
B&B2 ヴィレヴァン July Books
CLARIS BOOKS 古書明日 気流舎
古書ビビビ ディスクユニオン2 ほん吉2
DARWIN ROOM TBooks ★本屋サムネイル白紙
下北沢のブックカフェ・喫茶店
anthrop いーはとーぼ2 トロワ・シャンブル
katecoffee
RBL Cafe 下北沢オープンソースCafe

※画像をクリックすると紹介文にジャンプします。

▶︎その他のまちはこちら

下北沢の本屋・古本屋

B&B

9D6635FC-A78A-45DB-8971-3BD48A83CA3D

下北沢駅南口から歩いて3分くらいのところにある本屋さんです。2017年12月に旧店舗から移転し、現在は『ビッグベン』というビルの地下1階にあります。

ブックの「B」とビールの「B」を合わせた店名の通り、ビールが飲める本屋さんです。また、ビール以外にもコーヒーや紅茶などのメニューも充実しています。さらに、毎日イベントを開催していたり、本だけでなく本棚まで買えてしまったり、様々な挑戦をしています。

日々進化を続けており、知らなかった世界と偶然つながれるかもしれない、期待に満ち溢れたお店です。

▼ホームページ
http://bookandbeer.com/

『B&B』で出会ったものもの
植田正治作品集(著:植田正治)
恋する二日酔い(著:コナリミサト)
猫町ラプソディー(著:山田稔明)

ヴィレッジヴァンガード 下北沢店

img_1949

「遊べる本屋」というコンセプトで全国展開している『ヴィレッジヴァンガード』の下北沢店です。この店舗は東京進出第1号店。

店内には、様々な本やCDや服や雑貨が所狭しと並べられ、さらに、熱いポップがそれらを彩ります。下北沢というまちを凝縮したような空間は、眺めているだけでも楽しくて、一度入るとなかなか出られなくなります。

小説、漫画、写真集など、オールジャンルの本が揃っていますが、ベストセラー本だけでなく、マニアックなところまで掘り下げて置いてあるのが魅力です。また、下北沢らしく演劇や音楽関係の本を集めたコーナーがあるのも特徴です。

▼ホームページ
https://www.village-v.co.jp/shop/detail/679

『ヴィレッジヴァンガード 下北沢店』で出会ったものもの
想像ラジオ(著:いとうせいこう)
夜空はいつでも最高密度の青色だ(著:最果タヒ)
ガケ書房の頃(著:山下賢二)

July Books

img_2039

(2016年11月閉店)

下北沢一番街という商店街のはずれにあった小さな古本屋さんです。かわいらしい店内には、海外のデザイン本や絵本などがたくさん置いてありましたが、残念ながら、2016年11月で下北沢の店舗は閉店となりました。

現在は、ネットショップ運営やイベントへの出店などの活動をしているようです。

▼ホームページ
http://7gatsubooks.wixsite.com/july

CLARIS BOOKS

%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9

下北沢駅の北側にある、下北沢一番街という商店街の中の古本屋さんです。同じ建物の1階には小さなギャラリー『HANA』があり、その脇の階段を上っていくとお店の入口があります。階段下の小さなかごに入れられた本たちがかわいらしい。

店内は白を基調とした内装。壁一面の本棚に照明が当たり、洗練された雰囲気です。品揃えも、デザインやファッション関係の本、写真集など、おしゃれな感じの本が多くある印象です。もちろん、文学や哲学の本も充実しています。

月に1回程度、課題図書を設定した読書会も開催されており、普段は読まない古典などにも気軽に触れられるよう、アットホームな雰囲気が大切にされています。

▼ホームページ
http://clarisbooks.com/

『CLARIS BOOKS』で出会ったものもの
怪物のユートピア(著:種村季弘)
グランド・フィナーレ(著:阿部和重)
夜のスイッチ(文:レイ・ブラッドベリ 絵:マデリン・ゲキエア)

古書 明日

IMG_0623

こちらも下北沢一番街の中にある古本屋さんです。元々この場所にあった『白樺書院』を引き継ぐ形でオープンしたそうです。お店の外にはワゴンや木箱が並び、お買い得な商品が手に入ります。

専門的ではなくスタンダードな古本屋を目指しており、小説、映画、芸術など幅広いジャンルの本が揃っています。公式ツイッターで流れてくる本の紹介を見るのも楽しいです。

▼ホームページ
https://twitter.com/tanakadaishi

『古書 明日』で出会ったものもの
サーカスの息子(著:ジョン・アーヴィング)
エッフェル塔試論(著:松浦寿輝)
掌のなかの映画(著:清水哲男)

気流舎

img_2410

約4坪(約13㎡)の古本屋さん。そんなとっても小さな空間の中に、ロフト、コーヒーが飲めるカウンター、壁一面の本棚、という贅沢が詰まっています。秘密基地のような空間で、小さな場所が好きな人にはおすすめです。

手に入りにくい地域のフリーペーパーや、限定的に販売されているZINEなど、ここでしか出会えない本を多く取り扱っています。音楽ライブや読書会などのイベントも開催しているので、新しい出来事に出会えることも。

ホームページの定休日の項目に、「ずる休みあり」と書いてしまうわがままさにも好感をもってしまいます。

▼ホームページ
http://www.kiryuusha.com/

『気流舎』で出会ったものもの
死してなお踊れ 一遍上人伝(著:栗原康)
手×紙
素敵な隠れ家的空間

古書ビビビ

img_2398

下北沢駅南口から徒歩約5分、劇場『ザ・スズナリ』の近くにある古本屋さんです。気になる店名「ビビビ」と、ガラスに張られた「下北沢の中心部」という文字が目印。お店の外にも雑誌や文庫本が並べられています。

店内には、小説や漫画、写真集、芸術系の本など、幅広いジャンルが揃っています。さらにフィギュアや古いビデオ、自費出版物なども置いてあり、マニアックな面とポピュラーな面の両方を見せてくれるお店です。

▼ホームページ
http://www6.kiwi-us.com/~cutbaba/

『古書ビビビ』で出会ったものもの
彼女が演じた役 原節子の戦後主演作を見て考える(著:片岡義男)
ぼくはイスです(作:長新太)
署名のない風景(著:野見山暁治)

ディスクユニオン

%e3%83%86%e3%82%99%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%a6%e3%83%8b%e3%82%aa%e3%83%b3

『古書ビビビ』のお隣にあります。主にCDやレコードを扱うお店ですが、楽譜や音楽雑誌、映画音楽の本など、音楽周辺の本も揃っています。

また、音楽関連のTシャツやマグカップなども多く取り扱っており、雑貨を眺めるのも楽しいお店です。

▼ホームページ
http://diskunion.net/shop/ct/shimokitazawa

『ディスクユニオン』で出会ったものもの
マイ・フーリッシュ・ハート(著:南博)
ひまわりの海(著:舘野泉)
女の子は本当にピンクが好きなのか(著:堀越英美)

ほん吉

%e3%81%bb%e3%82%93%e5%90%89

オールジャンルの本が揃う古本屋さんです。お店の中は、床から天井まで本が詰まっており、お店の外にも本が溢れ出しています。本に埋まる感じを楽しめるお店です。

日常生活に関する本から、人生の危機をテーマにした本まで、様々な本に出会うことができます。ジェンダー、フェミニズム、精神医学などにも力をいれているようです。

▼ホームページ
http://d.hatena.ne.jp/honkichi/

『ほん吉』で出会ったものもの
帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ。(著:高山なおみ)
遺書(著:吉本隆明)
辺境・近境(著:村上春樹)

DARWIN ROOM

81A01615-AF9F-4065-8017-6D07F8DAFADD

植物がいっぱいの入口を通り抜けると、まず目に入ってくるのは望遠鏡。そして、動物の剥製。生物の研究に役立ちそうな道具まで置いてあります。

『DARWIN ROOM』は、星や生物に関する本を専門に取り扱っている本屋さんです。本格的な研究のための知識が詰まった本から、こども向けの解説書や絵本まで、幅広い年代向けの本が揃っています。

明るい窓際の席でコーヒーを飲むこともできるので、ゆっくりと不思議空間を楽しめます。

▼ホームページ
http://www.darwinroom.com/

『DARWIN ROOM』で出会ったものもの
カラスの教科書(著:松原始)
キルヒャーの世界図鑑 よみがえる普遍の夢(著:ジョスリン・ゴドウィン)
山をたのしむ(著:梅棹忠夫)

T Books

2FA46E92-B206-4E1F-8B3B-F1F05924A0DD

下北沢一番街の中にある本屋さんです。レンガ調タイルと緑色の窓枠が特徴的な建物の3階にあります。平日はタロットリーディングのお店ですが、週末は本屋さんとして営業しています。

お店の中央には、『いちばんやさしいタロット・リーディングの教科書』、『タロット解釈大事典』など、タロット関係の本が置かれています。その他、お酒や食事の本、恋愛の本や絵本など、色々な本を取り扱っています。また、タロットカードやキャンドル、アクセサリーなどの雑貨も並ぶ、楽しい本屋です。

▼ホームページ
http://tbooks-shimokita.com/

『T Books』で出会ったものもの
ザ・タロット(著:藤森緑)
青い鳥の本(文:石井ゆかり 絵:梶野沙羅)
豆大福と珈琲(著:片岡義男)

下北沢のブックカフェ・喫茶店

anthrop. Espresso & Biblio

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%bd%e3%83%ad%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a

下北沢駅の西口を出てすぐのところにあるブックカフェ。「街角の図書館」をコンセプトとしており、細長い店内のカウンター席で、コーヒーを飲みながら本が読めます。

壁一面の本棚には、『CLARIS BOOKS』や『文青堂』など、色々な本屋さんから出張中の本が並んでおり、自由に読むことができ、販売もしています。お店の奥には半屋外のスペースもあります。

▼ホームページ
http://cafeteller.com/anthrop/

『anthrop. Espresso & Biblio』で出会ったものもの
北欧雑貨をめぐる旅(著:おさだゆかり)
あおのじかん(文、絵:イザベル・シムレール)
モナドの領域(著:筒井康隆)

いーはとーぼ

%e3%81%84%e3%83%bc%e3%81%af%e3%81%a8%e3%83%bc%e3%81%bb%e3%82%99

下北沢一番街から路地に入ったところにある喫茶店です。大きめの音でジャズが流れていますが、不思議とうるさいとは感じません。小さな店内に適度な距離感で置かれた机と椅子、本棚いっぱいに詰まった本、棚に入りきらず積み上げられた本も良い雰囲気。

2種類から選べるコーヒーを飲みながら、店内の文庫本や雑誌、音楽関係の本などを自由に読むことができます。音楽と文学が混ざり合い、気持ち良く本を読める場所であり、でも、何もせずにぼんやりとしてみるのも快適です。

▼ホームページ
http://ihatobo.exblog.jp/

『いーはとーぼ』で出会ったものもの
東京の喫茶店 琥珀色のしずく77滴(著:川口葉子)
わたしの小さな古本屋(著:田中美穂)
音を視る、時を聴く 哲学講義(著:大森荘蔵、坂本龍一)

トロワ・シャンブル

img_2035

下北沢駅の南側にある『湯浅ビル』2階の喫茶店です。階段を上って扉を開けた先は、暖色系の明かりに包まれたレトロ空間。カウンターの奥には美しいコーヒーカップが並んでいます。

「三つの部屋」という意味の店名の通り、書きものの部屋、読書の部屋、そして下北沢らしく演劇や音楽の関係者の打ち合わせの部屋として、愛されているようです。2種類あるコーヒーとチーズケーキがとても美味しい。

▼ホームページ
https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131802/13013091/

『トロワ・シャンブル』で出会ったものもの
ニレブレンド
カゼブレンド
チーズケーキレア

kate coffee

kate-coffee

古本屋『ほん吉』の隣にあるブックカフェ。『コージー下北沢』の2階にあります。明るく、落ち着いた雰囲気で、のんびりと過ごすことができます。

窓際には小説や評論集などの本が並んでおり、自由に読むことができます。『しょうぼうじどうしゃじぷた』など、懐かしい絵本にも出会えます。きれいに並んだ雑貨もかわいらしい。一人で読書をするのにも、ともだちと会話をするのにも、利用しやすいお店です。

▼ホームページ
http://www.katecoffee.jp/

『kate coffee』で出会ったものもの
小説の設計図(著:前田塁)
棒がいっぽん(著:高野文子)
しょうぼうじどうしゃじぷた(作:渡辺茂男 絵:山本忠敬)

RBL Cafe

BFEDC46F-054F-4A52-9AEC-B958A903D7C0

『RBL Cafe』は、クイズ作家さんが運営しているブックカフェです。店名の「RBL」は、「Reference Book Library」の頭文字で、参考資料の図書館を意味します。

その名の通り、壁一面の本棚には、ビジネス、映画、料理など約7000冊の本がジャンル毎に分けられて並んでいます。クイズ作成用の資料とのことですが、かなりの情報量があり、調べ物に適しています。また、電源とWi-Fiも完備されているので、PC作業もしやすい環境です。

▼ホームページ
http://rblcafe.jp/

『RBL Cafe』で出会ったものもの
知っておきたい映画監督100 日本映画編
相撲大辞典
『鉄腕アトム』の時代 映像産業の攻防(著:古田尚輝)

下北沢 OpenSource Cafe

img_2391

下北沢西口を出て北の方へ約10分ほど歩くと、住宅街の中にコワーキングスペース『下北沢 OpenSource Cafe』があります。1時間1000円で利用でき、ドリンクが1杯付きます。電源とWi-Fiも完備されており、快適な作業環境です。

併設されている小さな図書館には、プログラミングやビジネス書を中心とした本が並べられており、その場で読んだり、借りたりできます。

▼ホームページ
http://www.osscafe.net/ja/index.html

『下北沢 OpenSource Cafe』で出会ったものもの
アルゴリズム図鑑 絵で見てわかる26のアルゴリズム(著:石田保輝、宮崎修一)
ラインズ 線の文化史(著:ティム・インゴルド)
新しい分かり方(著:佐藤雅彦)

 

最後まで読んで頂きありがとうございます☆

よろしければ、その他のエリアの本屋さんも見てみてください。下の写真をクリックすると、それぞれのページにジャンプします。

☆吉祥寺 ☆下北沢 ☆神楽坂
☆西荻窪
☆荻窪
☆高円寺
☆清澄白河 ☆渋谷 ☆新宿
☆池袋 ☆表参道 ☆代官山・中目黒
☆学芸大学・都立大学 ★本屋サムネイル白紙 ★本屋サムネイル白紙