本屋・ブックカフェを巡ろう【東京編】

2017/11/30

本屋・ブックカフェを巡ろう【東京編】

[ 本屋・ブックカフェ巡り ]

img_2121

本のある空間が大好きで、東京各地の本屋やブックカフェを巡っています。各地域ごとにも記載していますが、ここでは、その中でも特におすすめしたい本屋とブックカフェを厳選して紹介してみます。

各地域ごとの特集は下記の写真をクリックして、それぞれのページへジャンプしてください。

☆吉祥寺 ☆下北沢 ☆神楽坂
☆西荻窪
☆荻窪
☆高円寺
☆清澄白河 ☆渋谷 ☆新宿
☆池袋 ☆表参道 ☆代官山・中目黒
☆学芸大学・都立大学 ★本屋サムネイル白紙 ★本屋サムネイル白紙

東京の本屋・古本屋

ROUTE BOOKS

81A1FB95-87AE-438E-806F-6FACF07AD319

JR上野駅の入谷口から徒歩6分。本棚と観葉植物とソファが絶妙なバランスで配置された本屋さんです。コミュニティづくりを大切にする工務店『YUKUIDO』が、元々工場だった建物をリノベーションして運営しています。

既存の建物にはほとんど手を加えていないのに新しい場所に生まれ変わっており、リノベーションの実例としても素晴らしい空間です。暮らしや植物の本を中心に幅広いジャンルの本が揃っており、店内に散りばめられたソファに座って読むこともできます。

コーヒーやお菓子も提供されているので、植物を眺めてゆっくり過ごすのもおすすめです。

▼住所

〒110-0015 東京都台東区東上野4-14-3 Route Common 1F

▼営業時間
12:00〜:21:00

定休日なし

▼ホームページ
http://route-books.com/

『ROUTE BOOKS』で出会ったものもの
わがしごと(著:wagashi asobi)
書斎探訪(著:宇田川悟)
沈黙と美 遠藤周作・トラウマ・踏絵文化(著:マコトフジムラ)

MUJI BOOKS

IMG_1434

有楽町駅から徒歩3分。『MUJI BOOKS』は、『無印良品』の中にある本屋さんです。旅行グッズのコーナーには旅に関する本が、服や食器のコーナーには衣食住に関する本が並び、本と他の商品が融合するような売り場になっています。

縦横につながる本棚は、塚本由晴と貝島桃代の建築家ユニットであるアトリエ・ワンが設計。本棚をくぐり抜けながら本を探し、部屋のような空間や通路のような空間を体験できる楽しいお店です。

▼住所

〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町 1〜3F

▼営業時間
10:00〜:21:00

定休日なし

▼ホームページ
http://www.muji.com/jp/mujibooks/

『MUJI BOOKS』で出会ったものもの
こんな家にすんでたら(著:ジャイルズ・ラロッシュ)
写真の読み方 初期から現代までの世界の大写真家67人(著:イアン・ジェフリー)
もっと知りたい無印良品の収納(著:本多さおり)

東京のブックカフェ・喫茶店

BUNDAN COFFEE & BEER

img_2121

京王井の頭線の駒場東大前駅から徒歩8分、日本近代文学館の中にあるブックカフェです。天井まで届く本棚が魅力的で、約2万冊の本を自由に読むことができます。

コーヒーに「芥川 AKUTAGAWA」や「鴎外 OUGAI」など文豪の名が付けられていたり、文学作品に登場するランチやデザートを再現していたり、どっぷりと文学の世界に浸れるお店です。お酒のメニューも豊富なので、たまには昼間からほろ酔いで読書するのもおすすめ。

天気の良い日はテラス席に座ることもできます。近代文学館内を見たり、外の公園を散歩した後に、のんびりと過ごしてみてください。

▼住所

〒153-0041 東京都目黒区駒場4-3-55 日本近代文学館内

▼営業時間
9:30〜16:20

日・月・第4木曜休み

▼ホームページ
http://bundan.net/

『BUNDAN COFFEE & BEER』で出会ったものもの
カタコトのうわごと(著:多和田葉子)
30年の物語(著:岸恵子)
放浪記(著:林芙美子)

マルノウチリーディングスタイル

940D156B-438E-443F-9451-E0D54CE1D068

東京駅から徒歩1分。KITTEの4Fにあるブックカフェです。新しい働き方の提案をコンセプトとしており、ビジネスやライフスタイルの本が多く揃っています。働くことに関するイベントも多数開催。

仕事以外の本も充実しており、365日それぞれの日に生まれた作家の本を集めた「バースデー文庫」や、プレゼントに最適な「ギフトブック」など、おもしろい棚がたくさんあります。

カフェスペースは広くて開放的な雰囲気で、購入前の本を読むことができます。Wi-Fiと電源も完備されているので、読書にも作業にもぴったりの空間です。

▼住所

〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-7-2 KITTE 4F

▼営業時間
11:00〜21:00
(日・祝日)11:00〜20:00(祝前日 〜21:00)

定休日なし

▼ホームページ
http://www.readingstyle.co.jp/

『マルノウチリーディングスタイル』で出会ったものもの
もしぼくが本だったら(文:ジョゼ・ジョルジェ・レトリア 絵:アンドレ・レトリア)
文学効能事典 あなたの悩みに効く小説(著:エラ・バーサド、スーザン・エルダキン)
あたらしい移住日記(著:服部みれい)

HEIMAT CAFE

IMG_1967

(2018年3月閉店)

東急目黒線の武蔵小山駅から徒歩3分、赤い扉が目印のブックカフェです。お店に入るとすぐに、大きな本棚がお出迎えしてくれます。文学、デザイン、旅、建築など、色々なジャンルな本が置いてあります。

本は自由に読めて購入も可能。入り口には古本屋のような木箱も置かれています。Wi-Fiが完備されており、カウンター席では電源も使えるので、作業スペースとしても利用できます。

ランチメニューやカフェメニューに加え、世界のビールやカクテルなどのお酒も充実しているため、ディナータイムにもぴったりです。

▼住所

〒152-0002 東京都目黒区目黒本町3-5-6 ヒルズトミオカ 1F

▼営業時間
11:30〜22:00(金曜 〜23:00)
(土・日)11:00〜22:00

定休日なし

▼ホームページ
http://www.heimat-cafe.com/

『HEIMAT CAFE』で出会ったものもの
旅のかたち(著:内田彩仍)
遊び場のデザイン(著:アービッド・ベンソン)
ダンボールハウス(著:長嶋千聡)

 

以上、東京の本屋とブックカフェを紹介してみました。僕は、本を読むことより、本のある空間にいることの方が好きかもしれません。

なぜ本屋やブックカフェは楽しくて居心地がいいのでしょうか?

まずは、あの静かな感じがとても好きです。にぎやかなまちでも、本屋に入ると静かな雰囲気に包まれます。本を読むことや本を探すことは、自分の内側に入り、自分と対話すること。僕にとって大切な時間です。

本屋は、ひらめきを与えてくれる場所でもあります。表紙やタイトルを眺めているだけで、何かを考えるきっかけが得られたり、新しい発想に出会えたり。僕は、本屋を歩きながらアイデアを練ることがよくあります。

考えてみると、本は、僕たちに知識や物語を教えてくれるだけではなく、もっとすごい不思議なチカラをもっているのかもしれません。そんなチカラを探すことも一つの目的として、本のある場所を巡っています。

本を求める理由は人それぞれ。ぜひ自分好みの場所を探してみてください。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます☆