2018/03/18

本屋・ブックカフェを巡ろう【国分寺・西国分寺編】

[ 本屋・ブックカフェ巡り ]

このページでは、本のある場所巡りが趣味の『本でつながるシェアハウス』管理人が、国分寺と西国分寺の本屋・ブックカフェ・図書館を紹介しています。

JR中央線で隣同士の国分寺駅と西国分寺駅。それぞれの駅近くにある『胡桃堂書店』と『クルミドコーヒー』は、特に何度も行きたくなるお店です。また、国内最大級の雑誌所蔵数を誇る図書館もありますので、ぜひ巡ってみてください。

国分寺・西国分寺の本屋・古本屋
BOOKS 隆文堂 ★本屋サムネイル白紙 ★本屋サムネイル白紙
国分寺・西国分寺のブックカフェ・喫茶店
胡桃堂書店 クルミドコーヒー ★本屋サムネイル白紙
国分寺・西国分寺の図書館
多摩図書館 ★本屋サムネイル白紙 ★本屋サムネイル白紙

※画像をクリックすると紹介文にジャンプします。




国分寺・西国分寺の本屋・古本屋

BOOKS 隆文堂

D4A21FDB-1DEC-4EDE-8020-6F6E5393851D

JR西国分寺駅の南口を出てすぐ、西国分寺レガの2階にある本屋さんです。小説、雑誌、人文書など、オールジャンルの本を取り揃えています。近隣住民が求めている本を売ることを一つのモットーとしており、漫画と文庫本が特に多めです。

西国分寺のキャラクター「にしこくん」の関連グッズも置いてあります。また、店内ではコーヒーも販売しています。『BOOKS 隆文堂』は、西国分寺の読書生活を支えるお店です。

▼住所

〒185-0024 東京都国分寺市泉町3-35-1 西国分寺レガ 2F

▼営業時間
10:00〜22:00

定休日なし

『BOOKS 隆文堂』で出会ったものもの
いろいろいろこくん にしこくんとカラフルな仲間たち(著:西尾有未)
窓から見える世界の風(著:福島あずさ)
1ミリの後悔もない、はずがない(著:一木けい)

▼本屋・ブックカフェ巡りのおすすめガイドブック




国分寺・西国分寺のブックカフェ・喫茶店

胡桃堂書店

DF0EAB82-65AA-49AB-94F7-7DB4294AD870

JR国分寺駅の北口から徒歩6分。「胡桃堂喫茶店」の文字が目印のブックカフェです。西国分寺のカフェ『クルミドコーヒー』と同じ会社が運営しています。

店内に入るとすぐに、企画展示や文庫本の本棚が目に入ります。1階から2階に続く階段にも、暮らし、ことば、デザインなど、こだわりのあるテーマの本がたくさん並んでおり、席に座ってゆっくり読むことが可能。気に入った本は購入することもできます。

深煎りや浅煎りを選べるコーヒー、カステラ生地にあんことホイップクリームをはさんだ「胡桃堂のシベリア」など、喫茶メニューも充実。読書とコーヒーと甘いもの、という最高の組み合わせを楽しめる空間です。

▼住所

〒185-0012 東京都国分寺市本町2-17-3

▼営業時間
11:00〜21:00
(日・月)11:00〜18:00

木曜休み

▼ホームページ
http://kurumido2017.jp/

『胡桃堂書店』で出会ったものもの
食卓に珈琲の匂い流れ(著:茨木のり子)
詩人であること(著:長田弘)
パン屋の手紙 往復書簡でたどる設計依頼から建物完成まで(著:中村好文、神幸紀)

クルミドコーヒー

A1F8A9FF-13D0-42F1-8E9A-245CE87ABCC8

JR西国分寺駅の南口から徒歩5分のところにある喫茶店です。ガラスを用いたファサードに、店名の赤い文字と木々の緑が良いアクセントになっています。

店内には「胡桃堂書店」の看板が掲げられた本棚があり、「100年前から読み継がれてきた本」や「100年後にも読み継がれていてほしい本」が並んでいます。本は、店内で自由で読むことができ、購入も可能です。

お店の名前にちなんで、テーブルにはくるみが置かれており、焙煎度を選べるコーヒーとともに食べることができます。リスやきのこの置物もあり、テーブル上は森のように演出されています。くつろぎの空間は、おしゃべりしたり、一人で読書するのにもぴったりです。

▼住所

〒185-0024 東京都国分寺市泉町3-37-34 マージュ西国分寺 1F

▼営業時間
10:30〜22:30

木曜休み

▼ホームページ
https://tabelog.com/tokyo/A1325/A132502/13056474/

『クルミドコーヒー』で出会ったものもの
水に沈む羊(著:山田航)
欲ばりな女たち 近現代イギリス女性史論集(著:伊藤航多、菅靖子、佐藤繭香)
ファッションは更新できるのか?会議 人と服と社会のプロセス・イノベーションを夢想する(著:水野大二郎)




国分寺・西国分寺の図書館

多摩図書館

IMG_0269

東京都立の図書館である『多摩図書館』は、2017年1月に立川市から国分寺市に移転し、リニューアルオープンしました。約17,000タイトルの雑誌を有する「東京マガジンバンク」と、こどもの読書活動を支える「児童・青少年資料サービス」の2つのサービスを軸としています。

開放的な雑誌エリアでは、雑誌を自由に閲覧できます。また、書庫内にはバックナンバーもあるので、過去の資料を見ることも可能。雑誌の歴史やデザインなど、雑誌関連書籍もまとまっているので、雑誌についての情報にアクセスするには最適の場所です。

「こどものへや」には、約14,000冊の絵本や児童書が所蔵されている他、書庫内には明治や大正期の貴重な本も保存されています。読み聞かせができる「えほんのこべや」もあり、親子で楽しめる場所です。

▼住所

〒185-0024 東京都国分寺市泉町2-2-26

▼開館時間
10:00〜21:00
(土・日・祝日)10:00〜17:30
第1木曜休館(祝日の場合は開館、第2木曜休館)

(詳細・その他の休みはホームページにてご確認ください)

▼ホームページ
http://www.library.metro.tokyo.jp/guide/tama_library/tabid/1407/Default.aspx

『多摩図書館』で出会ったものもの
わたしだけのフリーマガジン・フリーペーパーの作りかた(著:芳賀正晴)
絶対平面都市(著:森山大道、鈴木一誌)
フランスの雑誌広告(著:Le caf’e 421)

 

最後まで読んで頂きありがとうございます☆




他にも東京のおすすめ本屋・ブックカフェをこちらでまとめています。

エリアごとに探したいときは、下の写真をクリックしてそれぞれのページにジャンプしてください。

☆吉祥寺 ☆下北沢 ☆神楽坂
☆西荻窪
☆荻窪
☆高円寺
☆清澄白河 ☆渋谷 ☆新宿
☆池袋 ☆表参道 ☆代官山・中目黒
☆学芸大学・都立大学 ★本屋サムネイル白紙 ★本屋サムネイル白紙