本屋・ブックカフェを巡ろう【神保町編】

2018/05/29

本屋・ブックカフェを巡ろう【神保町編】

[ 本屋・ブックカフェ巡り ]

本屋・ブックカフェ巡り(神保町編)です。神保町は、1860年頃に大学が相次いで創立されたことをきっかけとして、本屋街として発展し始めました。

現在は、新旧の本屋やブックカフェが入り混じった本のまちです。映画や雑誌などの専門店もあるため、自分の趣味に合った場所を探してみてください。

神保町の本屋・古本屋
magnif 東京堂書店 秦川堂書店
ワンダー 北沢書店 ★本屋サムネイル白紙
神保町のブックカフェ・喫茶店
ブックカフェ二十世紀 ブックハウスカフェ 神保町ブックセンター
PaperBackCafe ★本屋サムネイル白紙 ★本屋サムネイル白紙

※画像をクリックすると紹介文にジャンプします。




神保町の本屋・古本屋

magnif

81DC11CE-0B5C-4213-889C-64E75DE10DEF

神保町駅から徒歩3分。すずらん通りにある雑誌を多く扱う古本屋さんです。黄色いファサードが目印。

『POPEYE』、『GINZA』、『an・an』など、ファッション系の雑誌を中心にセレクトされています。その他、『天然生活』、『ecocolo』、『暮しの手帖』など、生活系の雑誌も多い印象です。

海外の雑誌、フレンチキーホルダーやヴィンテージピンバッジなどのグッズが手に入るのも魅力。眺めるだけでも楽しめるお店です。

▼住所

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-17

▼営業時間
11:00〜19:00

不定休

▼ホームページ
http://www.magnif.jp/

『magnif』で出会ったものもの
平凡パンチの時代 1964年〜1988年 希望と苦闘と挫折の物語(著:塩澤幸登)
サモアン・サマーの悪夢(著:小林信彦)
おしゃれな旅じたく(著:西村玲子)

東京堂書店 

AC5200B2-9E7A-4170-B48D-B6791D4A1137

こちらもすずらん通りにある、100年以上の歴史をもつ本屋さんです。3フロアで構成されています。1階は「人間の”未来”を読むフロア」で、新刊、雑誌、文庫などが並びます。レジ前のコーナーは「知の泉」という話題の本が置かれる棚です。

2階は「人間の”活動”を掴むフロア」。政治、経済、法律、建築、数学など、専門的な本が揃っています。3階は「人間の”思考”を辿るフロア」で、文学や人文科学の本が置かれています。

各フロアで小さなフェアが多数行われており、色々な視点で本が紹介されているのが魅力。店内には『Paper Back Cafe』があるため、購入してすぐに読書できるのも嬉しいポイントです。

▼住所

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-17

▼営業時間
10:00〜21:00
(日・祝日)10:00〜20:00

定休日なし

▼ホームページ
http://www.tokyodo-web.co.jp/

『東京堂書店』で出会ったものもの
きんじょ(著:いしいしんじ)
はじめての沖縄(著:岸政彦)
返品のない月曜日 ボクの取次日記(著:井狩春男)

秦川堂書店

IMG_2476

神保町駅から徒歩5分、岩波書店アネックスの2階にあり、お店に入るとすぐに紙の良い香りが漂ってきます。『秦川堂書店』は、観光や交通の歴史に関する本や、古地図を専門に扱う書店です。

地図のジャンルは海図や鉄道図まで幅広く、明治、大正、昭和など時代ごとの地図も揃っています。鉄道の時刻表のバックナンバーなども並んでおり、鉄道ファンや歴史好きにはたまらない空間です。

▼住所

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-3-1 岩波書店アネックス 2F

▼営業時間
10:00〜18:30
(祝日)11:00〜17:30

日曜休み

▼ホームページ
http://shinsendo.jimbou.net/catalog/index.php

『秦川堂書店』で出会ったものもの
古図にみる日本の建築(編:国立歴史民俗博物館)
中国・四国の市街古図(著:原田伴彦)
地図の世界史 大図鑑(著:ジェリー・ブロットン)

@ワンダー

37676C6E-59D2-4004-BBF9-C76A4A506B75

神保町駅A1出口から30秒。ミステリーやSFを多く取り扱う古本屋さんです。レジ付近の棚には、「ハヤカワ・ポケット・ミステリ」や「創元推理文庫」など、国内外の推理小説がずらりと並びます。『ミステリマガジン』といった雑誌のバックナンバーも充実。

お店の奥は映画コーナーになっており、古い映画のポスターやチケットの半券など、マニアックなグッズが手に入ります。映画の原作や監督の映画論、『SCREEN』や『キネマ旬報』といった映画雑誌のバックナンバーも並んでいます。

2階には『ブックカフェ二十世紀』があるので、お店に来たときはぜひ階段を上がってみてください。

▼住所

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5-4 開拓社ビル 1F

▼営業時間
11:00〜19:00
(日・祝日)11:00〜18:00

定休日なし

▼ホームページ
http://atwonder.blog111.fc2.com/

『@ワンダー』で出会ったものもの
四人の署名(著:アーサー・コナン・ドイル)
黄金仮面(著:江戸川乱歩)
夜光虫(著:横溝正史)

北沢書店

76881017-ED7F-45B1-B99D-F9ECFE8B0F30

神保町駅A1出口から徒歩1分。洋古書専門の『北沢書店』は、『@ワンダー』の隣の北沢ビル2階にあります。『ブックハウスカフェ』内から階段を上がりましょう。

店内には洋書がぎっしり詰まった棚が並びます。中心となるのは英米文学です。洋書を身近に感じてほしい、という想いから「kitazawa display books」をスタート。読むにはハードルが高い洋書を、インテリアとして活用することを提案してくれます。

▼住所

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 北沢ビル 2F

▼営業時間
11:00〜18:30
(土)12:00〜17:30

日・祝日休み

▼ホームページ
http://www.kitazawa.co.jp/

『北沢書店』で出会ったものもの
The Films of ALFRED HITCHCOCK(著:Michael S. Lasky、Robert A. Harris)
The Frampton Flora(著:Richard Mabey)
TORY BURCH IN COLOR(著:Burch Tory)

▼本屋・ブックカフェ巡りのおすすめガイドブック




神保町のブックカフェ・喫茶店

ブックカフェ二十世紀

IMG_2456

神保町駅A1出口から30秒、『@ワンダー』の2階にあるブックカフェです。赤と黒の革張りのレトロチェアが並びます。

本棚の本は、食文化、落語、芸能、映画、写真などのジャンルごとに並んでおり、席に座って自由に読めます。他ではあまり見ることのないアメコミが置かれているのも特徴。

「二十世紀オリジナルブレンド珈琲」が380円、ケーキとセットで500円と、メニューがとても安いのも魅力です。カレーなどのメニューも充実しているので、食事と読書をのんびりと楽しめます。

▼住所

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5-4 開拓社ビル 2F

▼営業時間
11:00〜19:00
(日・祝日)11:00〜18:00

定休日なし

▼ホームページ
http://jimbo20seiki.wixsite.com/jimbocho20c

『ブックカフェ二十世紀』で出会ったものもの
今さらながらの和食修行(著:阿川佐和子)
東京落語散歩(著:吉田章一)
ロストワールド(著:手塚治虫)

ブックハウスカフェ

0DA9A082-0F20-4406-AE11-DDC379F65B18

神保町駅A1出口から徒歩1分。『@ワンダー』の隣にある、こどももおとなも楽しめる絵本のブックカフェです。お店の真ん中がカフェ席になっており、その周りをぐるりと本棚が取り囲みます。こどものための絵本はもちろん、おとな向けの絵本や『飛ぶ教室』などの雑誌も揃っています。

大きな仕掛け絵本、「はらぺこあおむし」や「こぐまちゃん」のTシャツ、「チェブラーシカ」のぬいぐるみなど、絵本関連グッズも充実しているため、プレゼント選びにも最適です。

2階は洋書の専門店である『北沢書店』。階段を上がって、海外の図書館のような空間を味わってみてください。

▼住所

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-5 北沢ビル 1F

▼営業時間
11:00〜23:00
(土・日・祝日)11:00〜19:00

不定休

▼ホームページ
https://www.bookhousecafe.jp/

『ブックハウスカフェ』で出会ったものもの
虫眼とアニ眼(著:養老孟司、宮崎駿)
どうぐ(文、絵:加古里子)
ポラーノの広場(著:宮沢賢治)

神保町ブックセンター

9F30A3FC-57AA-4788-BA12-587F0803DB47

『神保町ブックセンター』は、書店、カフェ、コワーキングスペースが一体となった複合施設です。壁一面に「岩波文庫」や「岩波新書」が並びます。「岩波ジュニア新書」などのこども向けの本も置かれています。

お店の中心部分がカフェスペースで、店内の本を自由に読めます。メニューは、コーヒー、ランチ、デザート、お酒など、バラエティ豊か。メニュー表まで岩波文庫の形というこだわりも見逃せません。『広辞苑』をモデルにしたトートバッグやポーチ、タオルハンカチなどのグッズも販売しています。

▼住所

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-3-1 岩波書店アネックス 1〜3F

▼営業時間
9:00〜20:00
(土・日・祝日)10:00〜19:00

定休日なし

▼ホームページ
http://www.jimbocho-book.jp/

『神保町ブックセンター』で出会ったものもの
京都で考えた(著:吉田篤弘)
神保町(著:得地直美)
モモ(著:ミヒャエル・エンデ)

Paper Back Cafe

IMG_2484

『東京堂書店』の中にあるブックカフェ。入ってすぐのところにあるカウンターで注文しましょう。席は1階と2階にあります。

書店で買った本をすぐに読めるのが魅力。ドリンクだけではなく、デザートや「東京堂焼きカレーパスタ」などのオリジナルランチもあるので、ゆっくりと過ごせます。カウンター席では電源が利用可能で、Wi-Fiにも接続できるので作業スペースとしても最適です。

▼住所

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-17 1・2F

▼営業時間
10:00〜18:00

定休日なし

▼ホームページ
http://www.tokyodo-web.co.jp/cafe/

『Paper Back Cafe』で出会ったものもの
東京堂焼きカレーパスタ
東京堂カレー
冷やしクリームぜんざい

▼本屋・ブックカフェ巡りのおすすめガイドブック

 

最後まで読んで頂きありがとうございます☆




他にも東京のおすすめ本屋・ブックカフェをこちらでまとめています。

エリアごとに探したいときは、下の写真をクリックしてそれぞれのページにジャンプしてください。

☆吉祥寺 ☆下北沢 ☆神楽坂
☆西荻窪
☆荻窪
☆高円寺
☆清澄白河 ☆渋谷 ☆新宿
☆池袋 ☆表参道 ☆代官山・中目黒
☆学芸大学・都立大学 ★本屋サムネイル白紙 ★本屋サムネイル白紙