2018/06/17

本屋・ブックカフェを巡ろう【鎌倉編】

[ 本屋・ブックカフェ巡り ]

本屋・ブックカフェ巡り(鎌倉編)です。都内から近く、のんびり過ごせるまち。仏像やお寺のイメージが強いですが、本屋やブックカフェも意外と多くあります。

鎌倉の本屋・古本屋
★本屋サムネイル白紙
鎌倉のブックカフェ・喫茶店

※画像をクリックすると紹介文にジャンプします。




鎌倉の本屋・古本屋

books moblo

JR鎌倉駅の東口から徒歩5分。「森」と「本(liblo)」を掛け合わせて「moblo」という名前の本屋さんには、リトルプレスや絵本が多く並びます。

棚づくりがおもしろく、「先輩たちに聞いてみよう」や「紙に恋して。」など、独自のテーマで本が分類されています。棚に貼ってある付箋やポップを頼りに、本探しを楽しみましょう。

海の生き物や伝承を扱う『キュウセン』、国内のドライブインを訪ねる『月刊ドライブイン』といったリトルプレスも多数揃っています。木の棚や照明もかわいらしく、長居したくなる空間です。

▼住所

〒248-0007 神奈川県鎌倉市大町1-1-12 WALK大町Ⅱ 2F-D

▼営業時間
10:00〜18:00

月曜休み(月曜が祝日の場合は営業)

▼ホームページ

http://moblo.ocnk.net/

『books moblo』で出会ったものもの
旅の絵本(著:安野光雅)
男と女の上質図鑑(著:松浦弥太郎、伊藤まさこ)
デザインとものづくりのすてきなお仕事(編著:矢崎順子)

游古洞

鎌倉駅西口を出て、線路沿いを北へ向かって少し歩くと、踏切の近くに『游古堂』があります。お店の外には、古書と一緒にたくさんの骨董品が並んでいるので、一見何のお店かなと思ってしまいます。

店内の棚にも骨董と古書がぎっしり。林芙美子や岡本かの子など、大正〜昭和期の小説家の作品が多く並びます。床にも平積みされているので、倒さないように掘り出し物を探しましょう。

▼住所

〒248-0012 神奈川県鎌倉市御成町13-30

▼営業時間
10:30〜18:00

定休日なし

▼ホームページ
http://www.yukodo.com/

『游古洞』で出会ったものもの
茶色の眼(著:林芙美子)
巴里祭(著:岡本かの子)
道(著:白洲正子)

藝林荘

小町通りから一本通りを入ったところにある古本屋。お店の外には、文庫本の100円均一箱や絵本の200円均一箱が置いてあります。

店内には鎌倉の地理や歴史の本を中心として、能や狂言、武道の歴史など、日本の文化を記した本がたくさん揃っています。壁には、竹久夢二や武井武雄のリトグラフが掛っているなど、幅広く文化的な作品が見つかる空間です。

▼住所

〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-38

▼営業時間
11:00〜18:00

月曜休み

▼ホームページ
http://geirinso.blogspot.com/

『藝林荘』で出会ったものもの
鎌倉廃寺事典(著:貫達人、川副武胤
鎌倉広町の森はかくて守られた(著:鎌倉の自然を守る連合会)
鎌倉・歴史の散歩道 中世の香りを残す古都を歩く(監修:安西篤子)

島森書店

JR鎌倉駅の東口から徒歩3分、若宮大路沿いにある本屋さん。1910年の創業以来、鎌倉の読書文化を支えてきた歴史ある書店です。

お店の入口付近には、雑誌や話題の新刊が並びます。レジ付近に鎌倉の本が並ぶのもポイント。鎌倉を含む神奈川に関する本や、地元の出版社の本が手に入ります。奥の方は、文庫、新書、コミックのコーナー、中2階は文具コーナーとなっています。

▼住所

〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町1-9-3

▼営業時間
9:30〜20:00

定休日なし

『島森書店』で出会ったものもの
かまくら鳥とりどり(著:岡田泰明、写真:梅田孝)
鎌倉夢幻(著:杉本晴子)
中原中也の鎌倉(著:福島泰樹)

たらば書房

にぎやかな鎌倉駅東口とは対称的に静かな西口エリア。駅を出てすぐのところにある、黄色いオーニングが目印の本屋さんです。入口付近は新刊書の平台。文芸書を中心として、話題の写真集や建築書などが並びます。

雑誌の棚を通り抜けて奥へ行くと、「たらば通信の本」のコーナーがあります。こちらはフリーペーパー「たらば通信」で紹介された本たちの棚。ことばの本、こころの本など、ジャンルを飛び越えて色々な本と出会えます。

鎌倉のガイドブックや歴史書、地元の出版社の本も多く揃っています。『たらば書房』は、地域性と一般性を兼ね備えた書店です。

▼住所

〒248-0012 神奈川県鎌倉市御成町11-40 Mビル 1F

▼営業時間
9:30〜21:00
(日・祝日)10:00〜19:00

定休日なし

『たらば書房』で出会ったものもの
茨木のり子の献立帖(著:茨木のり子)
ことばはフラフラ変わる(著:黒田龍之助)
見えないものに、耳をすます −音楽と医療の対話−(著:大友良英、稲葉俊郎)

▼本屋・ブックカフェ巡りのおすすめガイドブック




鎌倉のブックカフェ・喫茶店

terre verte

線路沿いに佇む、緑に囲まれた静かなブックカフェ。鎌倉駅と北鎌倉駅の中間あたりにあります。線路の下をくぐるトンネル付近に小さな看板が出ているので、それを目印に曲がりましょう。

お店の前にはオレンジのかわいらしいトラックが停まっています。1階はパン屋『カノムパン』。2階がカフェスペースです。パン付きのランチメニュー、コーヒー、デザートなどを楽しめます。

階段部分やカフェスペースの本は自由に読んでOK。『フィガロジャポン』、『エル・デコ』、『住む。』などの暮らしに関する雑誌や、海外の小説、鎌倉のガイドブックなどが多い印象です。静かな空間で本を読みながら、ゆっくりと過ごせます。

▼住所

〒248-0011 神奈川県鎌倉市扇ヶ谷3-3-24

▼営業時間
12:00〜18:30

水・木曜休み

▼ホームページ
http://terreverte.cc/

『terre verte』で出会ったものもの
モーテル0467 鎌倉物語(著:甘糟りり子)
雑貨屋さんぽ 神奈川 鎌倉編(編:points de tricot)
楽園のカンヴァス(著:原田マハ)

Trip・Drip

JR鎌倉駅西口側の細い道沿いにある隠れ家ブックカフェです。「Trip Drip」と書かれた黒板が目印。その名の通り、カフェ内には旅の本がたくさん並んでいます。

壁一面の本棚は、「バックパック」、「居酒屋旅」、「温泉」など、独自の視点で旅の本が分類されています。地図の歴史を読み解く大型本など、個人ではあまり買わない本が読めるのも魅力。

タイの本場グリーンカレーやギリシャの伝統料理ムサカが提供されていたり、コースターが国旗になっていたり、旅の雰囲気に浸れるお店です。

▼住所

〒248-0012 神奈川県鎌倉市御成町9-42 2F

▼営業時間
(ランチ)11:00〜17:00
(ディナー)20:00〜0:00

定休日なし

▼ホームページ
http://localplace.jp/t200317413/

『Trip・Drip』で出会ったものもの
地図の物語 人類は地図で何を伝えようとしてきたのか(著:アン・ルーニー)
アラスカ 光と風(著、写真:星野道夫)
世界の市場(著:松岡絵里、写真:吉田友和)

ミンカ

JR北鎌倉駅から徒歩4分。古民家を改修したブックカフェです。素敵な本スペースがあるとのことで行ってみましたが、残念ながらその日は満席で断念。再訪問予定です。

▼住所

〒247-0062 神奈川県鎌倉市山ノ内377-2

▼営業時間
(月・火)13:00〜日没
(土・日)11:30〜17:30

水・木・金曜休み

▼ホームページ
https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140401/14031654/

『ミンカ』で出会ったものもの
(編集中)

▼本屋・ブックカフェ巡りのおすすめガイドブック

 

最後まで読んで頂きありがとうございます☆




他にも東京のおすすめ本屋・ブックカフェをこちらでまとめています。

エリアごとに探したいときは、下の写真をクリックしてそれぞれのページにジャンプしてください。

☆吉祥寺 ☆下北沢 ☆神楽坂
☆西荻窪
☆荻窪
☆高円寺
☆清澄白河 ☆渋谷 ☆新宿
☆池袋 ☆表参道 ☆代官山・中目黒
☆学芸大学・都立大学 ★本屋サムネイル白紙 ★本屋サムネイル白紙